オススメ家計簿は?【低収入にめげない節約術】

家計簿をつけるという事は、家計を預かる方にとって重要な責務となりますが、そもそもどのようなメリットを期待して帳簿をつけているのでしょうか。

 

家計簿とは日々の生活の中で支出する金額を記載する物で、電気・ガス・水道・通信などの固定費をはじめ、食費や遊興費などとあらゆる出費を帳簿につけます。

 

手書きの物ばかりでなくパソコンソフトでも簡単に管理できるソフトが非常に多くあるのですが、使い始めたまず気がつくのがその利便性です。

 

その年の月ごと支出を簡単に比較することができますし、前年同月など過去のデータも参照することができますので、その中でどういった部分に変化があったのか、どこを節約しなければいけないのかが容易に見つけることができるというメリットがあるのです。

 

そうした中で少しづつ節約意識が芽生えてくると、あらゆる部分で細かな所に目を向けていき、気がついてくることが多くなります。

 

例えば電気代を浮かすためにすぐ電気を消す癖をつけたり照明をLEDに変えようとしたり、また食費を浮かそうと旦那さんのお昼を無理や弁当に変えたという方もおります。

 

始めの頃の家計簿は単に数字を記入するだけ、もちろんそれだけでも数字をしっかり見ているという点でのメリットはあります。

 

しかしそれを続けていく中で、過去と現在と比較する対象が出てくるとどういったところで違いが生じるのか興味を持つようになり、より節約意識が高まってくるという効果もあるのです。

 

まだ家計簿をつけていないという方がいたら、今日明日からでもはじめてみましょう。

 

 

夫の年収が低い.com TOPへ